保育士 転職

私立保育園から公立保育園への転職
私立保育園から私立保育園への転職
私立保育園から保育園以外の諸施設への転職
保育園から児童養護施設や学童クラブ、または託児所などへの転職
が大半となっています。
この中で、私立保育園から公立保育園への転職については、公務員試験に合格するという大きな壁を乗り越えるという試練が待ち構えています。地方公共団体によっては、保育士の採用試験が毎年必ず行われるとは限らないため、試験日や出願書類の提出期限などを細かくチェックする必要があります。また、公務員採用試験に合格するためには、それなりの勉強をしなければなりません。現職の保育士が空いている時間を使って受験勉強をすることはかなりハードルが高いということになります。
保育士 転職
保育士に中には夜間のゼミや予備校などに通っている人もいます。また、通信教育を利用する人も少なくありません。私立保育園から私立保育園への転職を希望する人の理由は、給料アップが中心になっているようですが、ほとんどの人が、いわゆる転職支援サイト(保育士転職サイト)を利用しています。 年度の途中で保育士転職サイトに登録し、現職場でこども達の卒園を見届けてから新しい保育園での勤務に付くというケースがもっとも一般的になっています。面接の際の予備知識や実質的な残業時間の確認、保育園の基本方針などについて、保育士転職サイトのコンサルタントを介して詳細な情報を収集します。また、保育園から児童養護施設や学童クラブ、または託児所などへの転職を希望する人は、知り合いの紹介や推薦など事前にコンタクトを取っているケースが多いようです。
介護保険制度での介護職などの介護求人は、そのほとんどが資格を持っている人が前提になっています。そもそも資格を持っていないと介護の業務に就かせてはいけないという介護保険法のルールがあり、無資格者が介護のサービス提供をした場合には事業所指定の取り消し処分などの重い罰則が科せられることもあるためです。

こうしたこともあって、無資格者が介護の現場で働くのは困難といってよいのですが、若干例外もあります。たとえば特別養護老人ホームでは未経験の人でも受け入れる余地があります。資格を持っている人の指示のもとで介護をする具体的には専門職と一緒に入浴時の介助具体的には髪を洗ったり体を洗ってあげたりといった行為をしたり、食事面で食事の介助をしたりするのが該当します。

また、特別養護老人ホームなどでは空床利用といって一時的に開いているベッドを利用してショートステイとして数日間程度本来は在宅介護の人を受け入れたりする場合があります。

他にも、未経験の人でも自動車の運転免許を持っている人などは、利用者宅までの送迎を行うこともあります。これは通所介護事業所でも同じように車の運転は自動車運転免許を持っていれば誰でもできることですから、介護未経験でも介護求人がある場合があります。特別養護老人ホームなどで介護の補助的な仕事でも何年間か続けていくと、その実務経験を持って介護関係の資格が取れやすくなるというメリットもあります。介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などでは研修時間の一部が免除されるといった特典がある場合もあります。

介護の職場にあっては離職率が高いという問題がありますから、できるだけ採用した人をそのまま介護現場で働いてもらいたいと考えている場合もあります。そのため、未経験者でも問題がない職場にあっては採用を積極的に行っているところもあるので、介護求人に応募してみることで、就労につながる可能性は高いと言えます。

介護職経験者の求人活動のコツ

人間関係や待遇、職場環境など、転職したい理由は人それぞれですが、転職希望者すべての人が思うことは、今の職場よりも良いところに就職したいということですね。 転職するには、応募したい職場を探し、採用試験を受け、合格を勝ち取らなければならず、なかなか大変です。 せっかく、意を決して転職するのですから、転職して良かったと思える職場に採用されたいものです。

では、介護職の転職で失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

介護職の転職を成功させるために行う3つのポイント

自分がどんな働き方をしたいのかを見極める

介護職とひとくちに言っても、雇用形態や施設の種類の違いなどにより、求められるスキルや働き方は変わります。 まずは、あなたが、どんな施設でどんな内容の介護をしたいのか、どんな雇用形態でどのくらいの時間働きたいのか、転職にあたっての基本条件を明確にしておくことが大切です。

例えば、介護保険施設なら、全員要介護の高齢者なので介護業務がメインの仕事となりますし、有料老人ホームやデイサービスなど軽度の利用者が多い施設では、よりコミュニケーション能力が必要とされます。

また勤務時間についても、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどは夜勤がありますが、デイサービスなどは日中の勤務だけですみます。 転職を成功させるためには、まず、どんな職場に転職できれば成功なのか、自分のゴールを明確にしておくことが重要になります。

できるだけ沢山の転職情報を集める

転職すると決め、自分がどんなところに就職したいのかが明確になったら、次はできるだけ情報を集めます。求人情報をはじめ、応募してみたいと思った施設の情報や評判などを積極的に集めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です